青汁に使われる野菜

青汁には、ケールや大麦若葉がよく使用されている。

青汁に使われる野菜は、結構幅広いものがあるかもしれません。
それぞれに効果が微妙に違ったりもするので、健康になるという以外の付加的効果を重視するのであれば、原料に注目しておいた方がいいかもしれません。

例えば、ケール。青汁では一般的に使われるものです。元々、キャベツの原種とも言われていて、ビタミンAやビタミンCなどを多量に含んでいるとも聞きます。そう言えば、ケールは青汁の為に栽培されている野菜だという話も聞きました。

他にも大麦若葉や明日葉、桑の葉、よもぎ、ゴーヤーなど色々あります。 大麦若葉を使うと、ケールよりも若干飲み易い味になると言われているみたいです。また、活性酸素を無毒化する為の酵素も含まれているらしいです。
ただ、普通に青汁を飲んでいて、どれくらいその効果を得られるのかは分かりませんけども。明日葉は名前の通り、生命力の強い葉です。今日、葉を摘んでも明日にはもう芽が出ているというのが名前の由来だそうなので。カロチン、ビタミンB、ナトリウム、カリウムが他の野菜に比べて多いとも聞きます。
桑の葉は血糖値の上昇を抑制する効果があるらしいです。ただ、何度も言いますが、青汁を飲んでこれらの付加効果がどれくらい得られるのかは分かりませんけども。

青汁お試しセット
Copyright 2011 青汁に使われる野菜, Inc.